よくかんで食べることが大事

食べるスピードを意識すること

体の健康のこと、それから髪のヘアサイクルを高めるために、毎日のように欠かさず栄養の高いものを食べることは大切なことです。

 

旬の食材は味もよく栄養価も高い。例えばほうれん草のビタミンCは旬のものだと食部中に100gに含まれるビタミンCであり、60mgだが、旬以外の者は20mgにあり、現在は季節に関係なく、様々な食材が手に入るために、野菜に旬を意識することが大事になります。そして、髪にとってもプラスになるために、普段から考えた栄養度の高いものを考えて取ることが重要になります。

 

ただし、旬のものや栄養度の高いものを口の中に頬離婚だとしてもすぐに飲み込んで、胃の中に到達させては意味がありません。つまり、口の中に入れてから、しっかりと噛むことが第一です。食事は髪のための先行都市であり、どんな栄養素を取るのか、あるいは何を食べるのかということが重要であり、その食べ方も大切になります。

 

ゆっくりかんで食べることで、早食いは食べ過ぎを招き、肥満にもつながりますので、心がけることが大事になります。肥満とは余分な脂肪が体内に蓄積された状態であり、こうなると、結構が悪くなったり、代謝の低下にも繋がると言われていますので、食事の時に大量の水分を取る、初夏吸収を薄めてしまい消化が逆に悪くなってしまい訳です。

 

まずは、口の中に食べ物を入れてから、箸を置き、30かい以上はゆっくりと噛む習慣をつけておくこと。ほんの少しのことかもしれませんが、毎日のように当たり前のようなことを考えておくことです。こういった当たり前のようなことが出来るかできないかで大きく変わるはずなので、意識的に行っていくことが重要になるはずです。