気楽に人生を進んでいくこと

不安やストレスが原因で髪の毛が抜けやすくなる?

抜け毛の予防としてミノキシジル配合のジェンヘアーを毎日のように頭皮に塗り、抜け毛を減らすためにフィナステリド配合のプロペシアを服用する。

 

血流の流れを活発にして、ホルモンを整える。
男性の抜け毛を予防するには、最高の予防策だと思います。

 

しかし、どんなに効果的な抜け毛対策をおこなっていても、精神的な部分に”不安、ストレス”を抱えていると、抜け毛の量を減らすことはできません。

 

不安が他のネガティブな感情と違うのは未来志向など、先のことを考えてしまうから。そして、ストレスは今の現状に対して、自分の思っていることがコントロール出来ないことでイライラしてしまいます。

 

 

不安を感じたり、ストレスになるのは誰しもあること。ただ、毎日のように過剰に起こると、血液の循環が悪くなり、血管が収縮したり、自律神経や副交感神経の乱れに関係してきます。

 

そうなると、髪の毛に対する栄養不可、睡眠不足など、いろいろな部分で髪に対するマイナスな要素が増えてしまい、抜け毛の大きな要因になってしまいます。

 

 

そこで、日々の生活の中で、ストレスや不安な気持ち貯めこまないことが重要です。
不安を含めたネガティブな感情を懐きやすい人は完ぺきな人が多いといいます。

 

完ぺきを求めるのも良いことだと思いますが、完璧すぎるのも良くない。適度に力を抜き、「なんとかなるでしょ?」くらいの気持ちで前に進む方が、それはそれで成功し、気楽に人生を進んでいけるとは思う。

 

 

言い方はおかしいかもしれませんが、髪の毛が抜けて、薄毛になったとしても、人生は歩んでいけるはず。どこか自分の中で大きく考えすぎることで、ストレスや不安な要素を過大評価しているところがあるのかもしれない。

 

気楽に考えて、前に進んでいくほうが、楽しく幸せに進んで行き、ストレスや不安を和らげることができ、自然と髪の毛の抜け毛の量を減らすことにもつながるのかもしれない。